LINEはクソ。はっきりわかんだね。






まず、サブ端末(nexus5 + MVNOsim)のLINEアカウントの年齢認証を通そうとして、メイン回線(SB)の黒SIMを指しちまったのが全ての元凶。

もう5日も前のことだからアカウント消失の細かい過程 は殆ど覚えてないけど、

はっきりしてるのは「SIMを戻してLINE起動したらなぜか勝手にアカウントが消失(したように見えたし実際してた)、LINE.appを削除・再インストール、メールアドレスでログインしたらなんとかアカウント自体は復活したけど、トーク履歴はおろか、友達リストすらもまっしろだった」ということ。

今思えば、そこで冷静になってiTunesにつないで前日なりのバックアップから復元すればよかったんだけどあまりにもテンパってたせいでデータをこねこねしてたら5日も無駄使いしてた、そんな話。

あと、iOS9のbeta2も入れてたせいでコトが厄介になってたのもある。





以下サルベージの流れ



「以前のトーク履歴ファイルを見つけてきて上書きすればリストアできるんじゃね」と思いつく。

→iOS9beta2が仇となって、ifunboxからトーク履歴ファイルを見つけられなかった。

   (どうやらiOS8.3か8.4くらいからifunboxから内部ストレージのアクセスに変更があったらしい)

→PCからトーク履歴をサルベージすることは不可能

→「PCにから抽出できないなら本体で抽出すればよくね?」

→なんとかしてiOS9beta2を8.4にダウングレードして脱獄

→リストアしたいトーク履歴を保持しているバックアップデータからiPhoneを復元

→「脱獄してiFileからならフルで内部覗けるやんやったぜ。」

→iFileを使って、「/var/mobile/Containers/shared/appgroup/(LINE)/Library/Application Support/Messages」以下すべてのトーク履歴ファイルをサルベージ、別の場所に退避しておく ※フォルダごと退避すること

→LINEアプリを起動すると「別の端末でログインしたため、この端末の履歴初期化されます」とか云々でたけど表示に任せて初期化再起動させる(初期化のプロセスを一旦踏ませておく)

→念のためLINEアプリをスイッチャーから消しておく

→iFileでディレクトリを覗くと以前の履歴を含んだsqliteが消去され、まっさらなsqliteが配置されているのでサルベージしたファイルをフォルダごとそっくりそのまま上書き

ローカル側の友人リストとトーク履歴が復旧できた。

→やったぜ。

もうちょっと時間かければサルベージした履歴と、バックアップ日時以降に取得したトーク履歴を統合させることもできるんだろうけど、
そこまでするほどLINEは価値のあるものなのかなと思ったのでやってない。



ほんと今回ばかりはLINEの、「バックアップぅ?txtデータでエクスポートしといたよ~~。リストア?知らなぁーい♪^^」とかいう糞仕様を恨みましたね。
なんだってこんな欠陥サービスが流行ったんだと。
LINEだけ教えて電話番号・メールアドレス教えない人とはその程度の関係かなって思うよね。
発言の手軽さは縁の切れ易さ(てきとう)

今回は私怨もあるのでクソのような文章力になってる感は否めない()




p.s.みんなハングアウトとかskype使えよな~~~~~
 

Next Post Previous Post